SQL ビルダークラス

問題

Java のコードに SQL を埋め込むのは、Java 開発者にとって最も不愉快なことの一つでしょう。通常これは、SQL を動的に生成する必要がある場合に行われます(そうでなければ、別ファイルやストアドプロシージャといった形で外部化できるはずなので)。これまで見てきたように、MyBatis では XML マッピング機能を使って動的に SQL を生成することができます。しかし、時には Java のコード内で SQL ステートメントを構築しなくてはならない場合もあります。こうした場合に '+' 記号や引用符、改行、整形などの典型的な問題や余分なカンマや AND 演算子を扱うために条件式を入れ子にしたりしなくて済むように、MyBatis にはもう一つの方法を提供しています。


// THE PROBLEM
String sql = "SELECT P.ID, P.USERNAME, P.PASSWORD, P.FULL_NAME, "
"P.LAST_NAME,P.CREATED_ON, P.UPDATED_ON " +
"FROM PERSON P, ACCOUNT A " +
"INNER JOIN DEPARTMENT D on D.ID = P.DEPARTMENT_ID " +
"INNER JOIN COMPANY C on D.COMPANY_ID = C.ID " +
"WHERE (P.ID = A.ID AND P.FIRST_NAME like ?) " +
"OR (P.LAST_NAME like ?) " +
"GROUP BY P.ID " +
"HAVING (P.LAST_NAME like ?) " +
"OR (P.FIRST_NAME like ?) " +
"ORDER BY P.ID, P.FULL_NAME";

        

解決策

MyBatis 3 ではこうした問題を解決する際の助けとなる便利なクラス 'SQL' が用意されています。SQL クラスのインスタンスを作成し、順番にメソッドを呼び出していくことで SQL 文を構築することができるようになっています。上記のコードは SQL クラスを使うと次のように書き換えることができます。

import org.apache.ibatis.jdbc.SQL;

private String selectPersonSql() {
  return new SQL() {{
    SELECT("P.ID, P.USERNAME, P.PASSWORD, P.FULL_NAME");
    SELECT("P.LAST_NAME, P.CREATED_ON, P.UPDATED_ON");
    FROM("PERSON P");
    FROM("ACCOUNT A");
    INNER_JOIN("DEPARTMENT D on D.ID = P.DEPARTMENT_ID");
    INNER_JOIN("COMPANY C on D.COMPANY_ID = C.ID");
    WHERE("P.ID = A.ID");
    WHERE("P.FIRST_NAME like ?");
    OR();
    WHERE("P.LAST_NAME like ?");
    GROUP_BY("P.ID");
    HAVING("P.LAST_NAME like ?");
    OR();
    HAVING("P.FIRST_NAME like ?");
    ORDER_BY("P.ID");
    ORDER_BY("P.FULL_NAME");
  }}.toString();
}
        

この例の何がそんなに特別なのでしょうか。よく見るとわかりますが、この例では、誤って "AND" が重複してしまうことや、"WHERE" と "AND" のどちらを使うか、あるいはどちらも使わないか、といったことを考慮せずに書くことができています。SQL クラスは、どこに "WHERE" を挿入すれば良いか、どこで "AND" が必要か、といったことを判断しながら文字列を連結します。

SQL クラス

いくつか例を挙げておきます。


// 匿名内部クラス
public String deletePersonSql() {
  return new SQL() {{
    DELETE_FROM("PERSON");
    WHERE("ID = #{id}");
  }}.toString();
}

// メソッドチェーン(Builder / Fluent スタイル)
public String insertPersonSql() {
  String sql = new SQL()
    .INSERT_INTO("PERSON")
    .VALUES("ID, FIRST_NAME", "#{id}, #{firstName}")
    .VALUES("LAST_NAME", "#{lastName}")
    .toString();
  return sql;
}

// 条件分岐あり(匿名内部クラスからアクセスできるよう、引数は final として宣言されています)
public String selectPersonLike(final String id, final String firstName, final String lastName) {
  return new SQL() {{
    SELECT("P.ID, P.USERNAME, P.PASSWORD, P.FIRST_NAME, P.LAST_NAME");
    FROM("PERSON P");
    if (id != null) {
      WHERE("P.ID like #{id}");
    }
    if (firstName != null) {
      WHERE("P.FIRST_NAME like #{firstName}");
    }
    if (lastName != null) {
      WHERE("P.LAST_NAME like #{lastName}");
    }
    ORDER_BY("P.LAST_NAME");
  }}.toString();
}

public String deletePersonSql() {
  return new SQL() {{
    DELETE_FROM("PERSON");
    WHERE("ID = #{id}");
  }}.toString();
}

public String insertPersonSql() {
  return new SQL() {{
    INSERT_INTO("PERSON");
    VALUES("ID, FIRST_NAME", "#{id}, #{firstName}");
    VALUES("LAST_NAME", "#{lastName}");
  }}.toString();
}

public String updatePersonSql() {
  return new SQL() {{
    UPDATE("PERSON");
    SET("FIRST_NAME = #{firstName}");
    WHERE("ID = #{id}");
  }}.toString();
}

メソッド 説明
  • SELECT(String)
  • SELECT(String...)
SELECT 句を開始、あるいは SELECT 句に文字列を追加します。このメソッドは複数回呼び出すことができ、その場合は引数として渡した文字列が SELECT 句に追加されます。引数は通常カンマ区切りの列名あるいはエイリアスのリストですが、ドライバが受け付ける文字列であれば何でも構いません。
  • SELECT_DISTINCT(String)
  • SELECT_DISTINCT(String...)
SELECT 句を開始、あるいは SELECT 句に文字列を追加します。また、生成されるクエリに DISTINCT キーワードを追加します。このメソッドは複数回呼び出すことができ、その場合は SELECT 句に引数として渡した文字列が追加されます。引数は通常カンマ区切りの列名あるいはエイリアスのリストですが、ドライバが受け付ける文字列であれば何でも構いません。
  • FROM(String)
  • FROM(String...)
FROM 句を開始、あるいは FROM 句に文字列を追加します。このメソッドは複数回呼び出すことができ、その場合は FROM 句に引数として渡した文字列が追加されます。引数は通常カンマ区切りのテーブル名あるいはエイリアスのリストですが、ドライバが受け付ける文字列であれば何でも構いません。
  • JOIN(String)
  • JOIN(String...)
  • INNER_JOIN(String)
  • INNER_JOIN(String...)
  • LEFT_OUTER_JOIN(String)
  • LEFT_OUTER_JOIN(String...)
  • RIGHT_OUTER_JOIN(String)
  • RIGHT_OUTER_JOIN(String...)
呼び出されたメソッドに応じて、新しい JOIN 句を追加します。引数には結合対象のテーブルと結合条件の文字列を指定します。
  • WHERE(String)
  • WHERE(String...)
新しい WHERE 条件を AND で連結して追加します。このメソッドは複数回呼び出すことができ、その場合は引数で指定した新しい条件が AND と共に追加されます。複数の条件を OR で連結する場合は OR() メソッドを使ってください。
OR() 現在の WHERE 条件を OR で分割します。複数回呼ぶことも出来ますが、連続して呼び出すと不正な SQL が生成される場合があります。
AND() 現在の WHERE 条件を AND で分割します。複数回呼ぶこともできますが、連続して呼び出すと不正な SQL が生成される可能性があります。WHEREHAVING はどちらも自動的に AND を挟んで引数を連結するので、このメソッドを使うことはまずないと思います。あくまでも API の整合性のために用意されていると考えてください。
  • GROUP_BY(String)
  • GROUP_BY(String...)
カンマを挟んで GROUP BY 句を追加します。複数回呼ぶことができ、その度にカンマを挟んで新しい条件が追加されます。
  • HAVING(String)
  • HAVING(String...)
AND を挟んで新しい HAVING 句を追加します。複数回呼ぶことができ、その度に AND を挟んで新しい条件が追加されます。複数の条件を OR で連結する場合は OR() メソッドを使ってください。
  • ORDER_BY(String)
  • ORDER_BY(String...)
カンマを挟んで ORDER BY 句を追加します。複数回呼ぶことができ、その度にカンマを挟んで新しい条件が追加されます。
DELETE_FROM(String) 対象となるテーブルを指定して delete ステートメントを開始します。通常、この後に WHERE メソッドの呼び出しが続きます。
INSERT_INTO(String) 対象となるテーブルを指定して insert ステートメントを開始します。通常、この後に一回以上 VALUES() 又は INTO_COLUMNS() と INTO_VALUES() メソッドの呼び出しが続きます。
  • SET(String)
  • SET(String...)
update ステートメントの set 句に文字列を追加します。
UPDATE(String) 対象となるテーブルを指定して update ステートメントを開始します。通常、この後に一回以上の SET() メソッドと WHERE() メソッドの呼び出しが続きます。
VALUES(String, String) insert ステートメントに values 句を追加します。第一引数は列のリストで、第二引数は値のリストです。
INTO_COLUMNS(String...) insert ステートメントにカラムリスト追加します。 このメソッドは、INTO_VALUES() メソッドと一緒に呼び出します。
INTO_VALUES(String...) insert ステートメントに value 句を追加します。 このメソッドは、INTO_COLUMNS() メソッドと一緒に呼び出します。

バージョン3.4.2以降では、次のように可変長引数を使うことができます。

public String selectPersonSql() {
  return new SQL()
    .SELECT("P.ID", "A.USERNAME", "A.PASSWORD", "P.FULL_NAME", "D.DEPARTMENT_NAME", "C.COMPANY_NAME")
    .FROM("PERSON P", "ACCOUNT A")
    .INNER_JOIN("DEPARTMENT D on D.ID = P.DEPARTMENT_ID", "COMPANY C on D.COMPANY_ID = C.ID")
    .WHERE("P.ID = A.ID", "P.FULL_NAME like #{name}")
    .ORDER_BY("P.ID", "P.FULL_NAME")
    .toString();
}

public String insertPersonSql() {
  return new SQL()
    .INSERT_INTO("PERSON")
    .INTO_COLUMNS("ID", "FULL_NAME")
    .INTO_VALUES("#{id}", "#{fullName}")
    .toString();
}

public String updatePersonSql() {
  return new SQL()
    .UPDATE("PERSON")
    .SET("FULL_NAME = #{fullName}", "DATE_OF_BIRTH = #{dateOfBirth}")
    .WHERE("ID = #{id}")
    .toString();
}

SqlBuilder および SelectBuilder (非推奨)

当初は ThreadLocal 変数を使って Java 言語の制限を補うアプローチを採用していましたが、最近はビルダーパターンや匿名内部クラスを使っているフレームワークが主流となってきていることもあり、このアプローチを使っている SelectBuilder, SqlBuilder クラスは非推奨(deprecated)扱いとなりました。

以下は、非推奨となった SqlBuilder, SelectBuilder のみを対象とした説明になります。

Method Description
BEGIN() / RESET() SelectBuilder クラスの ThreadLocal の状態をクリアし、新たなステートメント構築に備えます。新しいステートメントを開始するときは BEGIN() を使い、実行中にステートメントをクリアする場合(条件次第で全く別のステートメントが必要となるようなケース)は RESET() を使うようにすると読みやすいコードになります。
SQL() 生成された SQL を返すと同時に、SelectBuilder の状態をリセットします(BEGIN()RESET() の呼び出しと同じ効果を持ちます)。従って、このメソッドは一度しか呼び出すことができません。

SelectBuilder や SqlBuilder クラスは魔法ではないので、仕組みを理解しておく必要があります。SelectBuilder, SqlBuilder は静的インポート(Static Import)と ThreadLocal 変数を組み合わせることで、条件分岐と相性の良いクリーンな構文で SQL に求められるフォーマット処理を可能にしています。まずどちらかのクラスを静的にインポートしておく必要があります(両方ではありません)。

import static org.apache.ibatis.jdbc.SelectBuilder.*;
import static org.apache.ibatis.jdbc.SqlBuilder.*;

例えば、次のようなメソッドを書くことができます。

/* DEPRECATED 非推奨 */
public String selectBlogsSql() {
  BEGIN(); // Clears ThreadLocal variable
  SELECT("*");
  FROM("BLOG");
  return SQL();
}
        
/* DEPRECATED 非推奨 */
private String selectPersonSql() {
  BEGIN(); // Clears ThreadLocal variable
  SELECT("P.ID, P.USERNAME, P.PASSWORD, P.FULL_NAME");
  SELECT("P.LAST_NAME, P.CREATED_ON, P.UPDATED_ON");
  FROM("PERSON P");
  FROM("ACCOUNT A");
  INNER_JOIN("DEPARTMENT D on D.ID = P.DEPARTMENT_ID");
  INNER_JOIN("COMPANY C on D.COMPANY_ID = C.ID");
  WHERE("P.ID = A.ID");
  WHERE("P.FIRST_NAME like ?");
  OR();
  WHERE("P.LAST_NAME like ?");
  GROUP_BY("P.ID");
  HAVING("P.LAST_NAME like ?");
  OR();
  HAVING("P.FIRST_NAME like ?");
  ORDER_BY("P.ID");
  ORDER_BY("P.FULL_NAME");
  return SQL();
}